かーさん 時々、SOLAN

ベリーダンスが大好きなおっちょこちょい。折り目正しい夫と暴れんBOYと暮らす日々をつらつらと。

右肩の引かない痛み②

ひと月前に投稿した

上腕二頭筋腱損傷

 

solan.hateblo.jp

 

 

 

痛みが引かないどころか

 

 

痛みは肘から先へと広がり右腕全体へ

先週から中指と人差し指の痺れがずっと続くようになりまして

ベリーダンス仲間たちのアドバイスもあり

違う整形外科を受診してきました。

 

 

 

 

上腕二頭筋腱損傷 ではなくて

メインは

胸郭出口症候群

なで肩の女性に多いそうです

私の脳みそで要約しますと

 

 

鎖骨の下から肩にかけての胸郭という部分には

腕や指先への神経がたくさん通っていて

胸郭の筋肉がギュッと拘縮されたことにより

神経を圧迫してしまうこと。

肩は肩甲骨が外へ開いた状態になる。

腕と肩の骨のズレは、そのため。

 

 

 

右の巻き肩

長いこと気になってたもんな

 

 

 

そして横からレントゲン撮影した首の骨を見てビックリ

 

 

ストレートネックどころか

理想とは逆方向へ反ってる…………

第5頚椎が尖っていて

神経に触ってる可能性。

変形性頚椎症も併発していました。

(↑これはもうどうしようもない)

 

 

前の整形外科では「安静」て言われたし

指先の痺れを訴えた時には「じゃ、肘だね。」なんて誤診されて

じっとしている姿勢が何よりも

つらくて痛くて

ベリーダンスをしているときは痛みがラクになっていました。

それは心の問題かと思っていました

 

 

痛みを減らすために出来ることは

筋弛緩剤の服薬

この縮んだ胸郭を開くストレッチ

(家でどんなストレッチをしたらいいか、

丁寧に教えてくれました)

リハビリの先生に相談してみると

……Sali先生の推奨するベリーダンスの動きは、まさに

リハビリに最適!!!!!!!

Sali先生が学んできた解剖学に基づくダンスの良さを再認識して、ちょっと感動。

オープン・クローズって素敵!

 

 

 

右側ばかり下にして、

ずっと添い乳していたクセが数年後にやってきました。

それに慣れない腕立て伏せや引越しの作業

変な寝方がトドメを刺したわけです。

 

 

 

痛みの原因がわかったことと

上手く付き合っていくための方法を教えてもらって、

浦和整形外科が混んでいる理由にナットク

 

 

 

 

しかしいろんな病名があるものですね