かーさん 時々、SOLAN

ベリーダンスが大好きなおっちょこちょい。折り目正しい夫と暴れんBOYと暮らす日々をつらつらと。

浜○町で、半泣き

のっぴきならない事情が出来、

息子とさいたまへ帰省していました。

 

 

日頃、札幌での生活がだらしなさすぎるおかげか

危機管理能力が著しく低下(退化かも)しており

 

 

 

実家の最寄り駅から羽田空港までの帰路

 

 

 

 

 

 

 

「浜松町」で乗り越し精算をしようとした瞬間

 

 

 

 

 

 

 

 

実家に財布を置いて来たことに気がつきました

 

 

 

 

 

 

 

 

終わった

 

 

 

 

 

 

実家へ引き返せば

搭乗時刻は間に合いません

 

 

 

 

 

 

 

 

駅員さんに事情を説明するも

身分証明書も財布の中なため

取りに戻っていただくしかないと

 

 

 

 

 

 

 

待ち合わせをしてたっぽい女性に

必ずお返しするので500円貸していただけませんかと懇願するも

駅員さんへ相談してくださいと断られ

 

 

 

 

 

 

 

この航空券をキャンセルせねばとエ○ドゥへ電話するも全くつながらず

実家の両親からは仕方がないから引き返して来なさいと言われ

駅員さんの前で半べそをかいていた時に

 

 

 

 

 

 

 

リュックサックの中に

両親から息子へのお年玉があったことを

思い出しました

 

 

 

 

 

 

このお年玉がなければ

今日、帰って来られませんでした

といいますか

おそらくその間15〜20分くらい

 

 

 

 

 

 

息子は「おかーさん、どしたのー?おかーさん、どしたのー?おかねー?なにする(どうなる)のー?」

と心配そうに待っておりました…。

 

 

 

 

 

危機感のない生活を送っていると

ここまでひどくなるものなのかと

元の性格がそそっかしいのも相まって

笑えない

 

 

 

 

 

帰って来られたけど

財布が届くまでは運転も出来ないし

木曜日からプレ幼稚園はじまるし(送迎)

 

 

 

 

 

帰省中も思いがけないことが発生したり

 

 

 

 

 

今年、なんだか前途多難です_:(´ཀ`」 ∠):