読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーさん 時々、SOLAN

ベリーダンスが大好きなおっちょこちょい。折り目正しい夫と暴れんBOYと暮らす日々をつらつらと。

薔薇色のひととき 〜埼玉生活最終日〜

カナダの至宝 HadiaのShowを観たいがために
夫と一緒には札幌へ引っ越さなかったという……



さいたま生活最後の日は、
明るいうちに気のおけない仲間と
薔薇色のひとときを過ごしてきました。


f:id:ekubonbon:20160416220320j:image



薔薇の花が所々に。
こういうの、好きです。


f:id:ekubonbon:20160416220411j:image



最前列のセンターでした。
良い席を取ってくれた友に感謝です。



Showは言うまでもなく、
バラエティに富んだ宝石のよう。



ダンサーひとりひとりが
「その時間」を噛み締めて踊っているような気が伝わります。
kid's ダンサーも出演しておりました。
私よりアンジュレーション上手でした 笑。
1番小さかった子、息子とそんなに年齢変わらないんじゃ⁉︎


Hadiaのダンスを生で観たのは初めてでした。
「5歳児の無垢なエネルギー」という言葉がこんなにも当てはまるとは。
ステージは薔薇色どころか虹色です。




埼玉に越してきた頃、半年間通っていたジムでベリーダンスを教えていらした先生が今日踊られていて。
2月に撮影してくださったナムさんにもご挨拶できたりと、



4月に入ってから、不思議なご縁がまた働いて気になっていた人に引き寄せられているようでした。




素敵な師弟。
HadiaとSali先生。

f:id:ekubonbon:20160416223551j:image


ダンサー全員はけていくときに、
Sali先生が無言で力強く私の肩にポンッ!と手を置いていってくれました。
それが、Sali先生からの
「SOLAN,いってらっしゃい!」


今にも涙が出そうです
。・゜・(ノД`)・゜・。


改札口で握手をしてくれた
名残惜しんでハグしてくれた
お腹が空いたら帰っておいで。なんて粋な言葉を送ってくれた


応援してる。て、言ってくれた


ひと目会いたいからと
時間を作ってくれた友達も、いっぱい。





先日充分すぎるほどの見送りをしてもらった上に、
明日、気をつけていってらっしゃい!
と動画を送ってくれた職場の先輩たち。



今迄もこれからも支えてもらっている
両親。



最初は馴染めない気がしていた埼玉での暮らしは
こんな良い人達に出逢えました。
皆さん達のおかげで、私が笑顔でいられて、
息子にも夫にも笑顔でいられました 笑。


また、戻ってきます。
息子の口ぐせを借りて。



ちょっと、いってきまーす。