読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かーさん 時々、SOLAN

ベリーダンスが大好きなおっちょこちょい。折り目正しい夫と暴れんBOYと暮らす日々をつらつらと。

先生がシェアしてくれた、憶えておきたい話

アラブの人は、過去を振り返るのが好きだと。


このひと言も、先生がリハをした際にミュージシャンの方から聞いたそうで



アラブの楽曲には
明るい未来を歌うよりも
女の情念や、せっかく忘れていたのにまたあの日々を思い出してしまったわ………のような未練タラタラな内容がとても多いんです。




さらにそこからSali先生の考えが巡って行って




【過去を振り返る】→後ろを向く→後ろ→
【背中】!
【背中は過去を現す】という興味深いお話。






私自身は、バトントワラーの時代が長かったもので、
背中も腕も膝もピーン!とのばし、
胸を張る。
という姿勢のクセがついていました。
(今も、時々)



長らくなんだか動きがベリーダンスっぽくないなぁ。
と思っていたのは、その姿勢の影響も大きかったんです。





ベリーダンスは内に内に己のエネルギーをためて身体の中を循環して外へ出て行くような踊りが美しい。
どうしたらそういう動きになるのか、長い間の課題でした。




その解決の糸口となりそう!





決して猫背になるわけじゃなくて、
音楽に思いを馳せて
その歌の主人公になって踊れば
自然と




リラックスしていても背中が広がっているような姿勢へと変わります。






そして、過去をあまり振り返らない欧米人の方々は、
前に。前に。
今を、先へと、ポジティブ思考。
自然と胸から歩く。歩く。



両手を広げて、胸からスッ!スッ!と歩いていって、
過去を現す背中が狭くなる。






アラブ系のダンサーで、胸を張って
サッ!サッ!サッ!と歩いて踊る人は、
あんまりいないよね???
という話になって、
【日本人もどちらかというと過去を振り返る人が多いと思うから、ベリーダンスは性に合ってるのかもしれないね。】というお話。



妙に納得。






私は余計なこと、済んだことをいつまでもクヨクヨ考えてしまう方なので
なんだかこのお話に少し救われた気がしました。


f:id:ekubonbon:20160302181354j:image


↑この姿勢も、背中はリラックスしているけれど決して胸を張っているワケでもない。
遠い目で、過去を振り返る。
恥ずかしい過去だらけ。