かーさん 時々、SOLAN

ベリーダンスが大好きなおっちょこちょい。折り目正しい夫と暴れんBOYと暮らす日々をつらつらと。

生演奏で、踊ること。①

ベリーダンスを踊る上での真骨頂といえば、『生演奏で踊ること』!

まるで身体から音が奏でられているような。ダンサーがイタズラな妖精に見えたり。ミュージシャンとダンサーと観客。
その場のLIVE感がひとつになった時の心地よさったら、ない!!!!!!!




のに、私はまだ1度しか観たことがなく………。
どうして生演奏で踊るのが醍醐味なのかもよくわかっておらず………。




今日で、その謎が解けました!



閔先生の
生演奏で踊るためのWS 1回目
に参加して、
「ミュージシャン目線」でのお話をたくさん聞けたことにお得感いっぱい。
閔先生のヴァイオリンと、
伊藤アツ志先生のダラブッカ演奏に合わせて踊ってみましょうタイム。
「では○○を弾きますので、皆さん合わせて踊ってみてください。」




((((;゚Д゚)))))))!!!!!!!





まずい







今日、一番の失敗は、その曲を知らなかったこと……………。




なさけない。



Madoka先生が昔、
音楽を知らないと生演奏は踊れない!
と言っていたひとコマが、まさにその時蘇りました。






こういうことか…………………





この曲知ってますー♪
て涼しい顔しながら踊っといて、身体から出るのは冷や汗。




その後はペアになって即興で演奏された音楽を各々踊ったり、


座学を受けては実践。の繰り返し。



そしてダンサーがミュージシャンに音出しの合図をする。
のを、一人ずつ実践!!!!!!!





まさかのトップバッター………………





針のむしろでした。







知らなかった有名な曲と、知ってる曲の音出し→踊り出すのとではまるで大違い。
なのに!!!!!
どっちも緊張して息が吸えない
ヽ(;▽;)ノ
「呼吸がわからなかった(から、音が出せなかった)」って何度もやり直し。





っくやしい……………!!!!!




すんなり上手く合図が出せて踊れてしまうよりも、こういう経験をした方が記憶に残るから勉強になるんだって。
閔先生が仰ってました。





決して短くはない時間もあっという間に感じた座学。
無知ゆえに知らない曲だったけど勝手に身体が動いたあの感覚は、忘れられません。






来月と再来月にもあるWS.





今日が一番簡単なんだってヽ(;▽;)ノ





f:id:ekubonbon:20150808223943j:image
生演奏で踊れるようになりたいなー。
の、勉強は果てしなく遠く続くのです。