かーさん 時々、SOLAN

ベリーダンスが大好きなおっちょこちょい。折り目正しい夫と暴れんBOYと暮らす日々をつらつらと。

息子の絵

親バカ記事です。

お許しください。

 

 

 

夏休み中に行った

さいたま水族館

 

 

息子が描いた

カワヤツメ(ウナギの仲間)

 

 

 

 

夏休み写生会 

899作品の中から

上位15作品に選んでいただけました*(^o^)/*

 

 

 

優秀賞5点

佳作は10点

息子は、佳作でした☆

 

 

 

 

小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんたちの絵に混じって、飾ってありました(涙)

 

 

f:id:ekubonbon:20170918225124j:image

 

 

 

 

一緒に描いたのは、確かネズミザメと

茶色は……忘れた……

 

 

 

 

額縁入りの賞状と

記念品まで

息子はとっても嬉しそうでした。

 

 

 

 

 

1〜2歳の頃は

道路へ飛び出すのが怖くて

ハーネス付きのリュックを背負っていたのに

 

 

 

 

 

 

去年までは言葉が中々出て来なくて

上手く伝えられないと癇癪を起こしていた息子が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賞状をもらえるだなんて…………(/ _ ; )

 

 

 

 

 

 

感慨深いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選ばれて賞状をもらえることなんて

あまり無いだろうし 笑

今回は、褒めちぎりました。

 

 

 

 

 

 

よかったねぇ………………

 

 

 

 

 

 

私、お正月のおみくじに

「秋から良いことがある」て書いてあったの

これかも 笑

生演奏で踊るベリーダンスWS② feat.カーヌーン

この日の内容は

Sali先生にしか思いつかないというか

ベールとカーヌーンで

こんなことやるんですか!!!!!

 

 

 

 

時間経つのがすごく早かったです。

 

 

 

 

身体も使ったし

頭も使った(私の場合)

 

 

 

 

Sali先生が

終始嬉しそうに話す。踊る。笑う。

 

 

 

 

 

みんなが思いつく

愛の言葉をもとに

 

 

 

 

 

 

自分のインスピレーションを信じて

 

 

 

 

 

 

答えのない2時間を共有して楽しむ。

 

 

 

 

 

 

でも、ちゃんとマカームの勉強はする。

 

 

 

 

 

 

思い返しても

あんなマニアックなWSそうそうないです。

 

 

 

 

 

 

Madoka先生のベールがとっても綺麗で今の季節にぴったりでした!!!

Sali先生も「秋の虹、初めて見ました☆」って!

 

 

 

 

 

カーヌーンを背負うと隠れてしまいそうなほど

華奢でわかりやすい説明をしてくださる

鈴木未知子さんの演奏……♪

 

 

 

 

 

 芸術の秋に開催

とっても贅沢な学びでした♡

 

 

 

 

このような機会を

ありがとうございます!

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170917220148j:image

都電荒川線〜あらかわ遊園

荒川区といえば

迷う事なく

アルハムブラ

だと思っていたのが覆った週末

 

 

 

 

家からそんなに遠くなく

路面電車に乗った先は

幼稚園児が楽しめるような

動物がいて

水遊びもできて

息子が乗れるジェットコースターまであるという

 

 

 

 

このルートは、息子と同じ幼稚園のママから教えてもらいました!

 

 

 

あらかわ遊園は、荒川区にあるレトロな遊園地で、

住宅街の一角にあります。

 

 

 

東京に、こんなところがあったんですね。

都電荒川線に乗れただけでも嬉しい!

 

 

 

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170911225515j:image

 

 

 

 

お財布にも大変優しく。

息子大大大大大喜び!

幼稚園児どころか

小学生もいたし

大人カップルもいたし

 

 

 

 

 

1回目のさいたま生活

(2014春〜2016春)の時に

知らなかったことを悔いました!

 

 

 

 

 

日本一遅いジェットコースター!

東武動物公園のてんとう虫コースターですら

恐怖に慄いていた息子が

あらかわ遊園では大爆笑。

 

 

 

 

身長が90cmあれば、乗れます。

 

 

 

 

スカイサイクルも良い思い出。

低い 笑。

 

 

f:id:ekubonbon:20170911230900j:image

 

 

 

 

 

 

 

家族3人で、車を使わずお出かけしたのは

生後3ヶ月での鎌倉以来でした。

 

 

 

 

 

ブログでは乗り物にしか触れていませんか

書ききれないほど満足な1日。

 

 

 

 

 

ママ友ネットワークは

私の知らないことを教えてくれるし

子供がワクワクするような場所をシェアできて

感謝しています。

バレエ+フラメンコ+オリエンタルダンス=?????

今日、ベリーダンス(オリエンタルダンス)の季刊誌を買いに
本屋さんへ行きました。
そのお店の『芸術誌』コーナーに
いつも「1冊だけ」置いてあります。
目線の位置に、表紙が見えるようにディスプレイされているのは
バレエやフラダンス、社交ダンスの雑誌。

 


ベリーダンスの雑誌は、毎回、背表紙しか見えません。
それが、とっても悔しい。

 


専門店へ行けば美しい表紙が見えるように
平積みしてあるし
ネットでも簡単に買えますが
私はあえて、本屋さんへ足を運んで買っています。

 

 

同じ『芸術誌』でくくられていても
見えるのは、背表紙。

 

 

入荷数も少ないし
きっと、この本のディスプレイそのものが
オリエンタルダンスに触れていない人たちから見た、

現状なのかもしれません……

 

 

 

 

エロい踊りじゃないんだよ。

世界最古とも言われている、歴史あるダンスなんだよ。

あのドラマのベリーダンスは違うよ!

 

 

 


たくさんのダンサーが、
その「今」を変えようとしていて
師匠のSali先生は、これからのオリエンタルダンス界を底上げすべく
大きな公演を企画しています。

 

 

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170907214620j:image

 

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170907214646j:image

 

 

 

 

 

 

1日の公演のために
1年半を費やしています。

 

 


・舞台を観る

・芸術に触れる


なんとなく敷居が高く
自分とは違う世界のことに思える気持ち。
わかります。

 

 


・お金ないし

・会場まで遠いし

・時間もそんなにない

 

断る理由ベスト3
ですよね。゚(ノ∀`*)゚。

 

 


自分が出るから、宣伝?
ではなくて
私は観客として行くからこそ
伝えられることもあると思って。

 

 


断る理由ベスト3

すべて、私に当てはまります。

 

 

 

 

でも、私はこのダンスが好きだから。

想いが詰まった舞台をやりくりして観に行きたい。
知らない人にも観て欲しいんです。
会ったことがない方々へも、
コレはいいステージに違いない!
と勧められます。

 

 


公演タイトルは『夢のあとさき』
舞台で夢の世界にドップリ浸かった後は
観客の数だけ、全て違う夢の続きがはじまります。

 

 

 

一緒に会場で
オリエンタルダンス界が変わって行くその日を見届けましょう。

 

 

 

 

 

↓↓↓公演情報は、こちら↓↓↓

http://sali.jp/special/pathways2017.html

 

 

 


偉そうなことを書いてしまいました 笑。

スタジオ ハフラでした!

今のスタジオでは、2回目のハフラ。

Tiltaのハフラは、踊る人も観る人も食べ物や飲み物を持ち寄って、生徒たちだけでワイワイ楽しみます。

 

 

 

しかし、振り付けは全て自作。

 

 

 

WSで教わった振り付けは、踊れません♡

 

 

 

 

 

踊る順番も、その日までわかりません♡

 

 

 

 

 

Yさんの作ったアロマキャンドル

生花に囲まれた中で踊るなんて

なんという贅沢

 

 

 

 

 

あみだくじの結果

先生ではなく、自分がトリをつとめてしまうことに……………

このおかげで

私はほぼ最後まで

あまり食べ物が喉を通らず

周りの皆さんたちとも思うようにコミュニケーションが取れませんでした( ;∀;)

 

 

 

 

 

3年ぶりに触ったファンベール………

 

パフォーマンス中の写真、これだけ!

 

f:id:ekubonbon:20170904114142j:image

 

 

 

 

 

元バトントワラーなので

私にしかできない何かをやりたくて

これは、曲に合わせて

バトンの技をやっているときです。

 

 

 

 

 

衣装は珍しくパンツスタイルに。

 

 

 

 

 

「感動しました」

「バトントワラーの血が流れていたね」

 

 

 

 

空間と楽曲に助けられました。

 

 

 

 

孤独な主人公が

時空を旅して

最後には天と地をひとつにする

物語でした☆☆☆

 

 

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170904114817p:image

 

 

 

 

この、つけまつげ

サングラスかけると羽根がつぶれるの 笑

 

 

 

 

 

ハフラで踊るだけじゃもったいないパフォーマンスがいっぱい………

意識の高い人たちがとても多くて私は劣等感ばかり募るのですが

最後にはみんなで一緒に踊って

笑って、おひらきになりました!

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170904115809j:image

大井川鐵道 トーマス列車

あんなに苦手で怖がっていたのに

。゚(゚´Д`゚)゚。

どういうわけか、今年の冬に克服しました。

 

 

きかんしゃトーマス

 

 

f:id:ekubonbon:20170827153736j:image

 

 

 

 

静岡県大井川鐵道

思い立った時には既に往復分が売り切れで、

片道切符のみ買えました。

 

 

 

 

でも、片道の列車と違っていたほうがかえって面白かった!

 

 

f:id:ekubonbon:20170827153802j:image

 

 

f:id:ekubonbon:20170827153815j:image

 

 

 

 

 

 

片道70分の旅。

 

 

 

 

あまりにリアルで

克服したとはいえ

近くでの写真撮影は拒否 笑。

 

 

f:id:ekubonbon:20170827153921p:image

 

 

 

 

 

景色がとても爽やかで

 

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170827213534j:image

 

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170827154011j:image

 

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170827154017j:image

 

 

 

 

日高山脈を見ながら生まれ育った私は

山のあるところが落ち着きます。

 

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170827154140j:image

自販機までトーマスたち!

 

 

 

 

 

走るトーマス列車に手を振ってくれるギャラリー、

農作業中のおじいちゃんおばあちゃん達、

川遊び中の人たち……

撮り鉄撮り鉄。゚(ノ∀`*)゚。!

気持ちはとてもよくわかります。

見るのもすごくテンションが上がりますよね。

 

 

 

 

この日はバスのバーティと並走していたし!

レアな日だったんです。

 

 

 

 

ここはもう、静岡県ではなくて

子供達にとってはソドー島。

トーマス列車の車内も、しっかり夢の世界でした。

♡Show観覧♡ 夏の夕 おどりつくして 夜もふける

f:id:ekubonbon:20170822002141j:image

ダンサー、4名中3名はカナダから帰国してきたばかり。

ミュージシャンはこの組み合わせが初めてという………!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

大満足なShowでした。

 

 

 

 

・我らがSali先生

・Barbee Makoさん

・Gamilaさん

・Runaちゃん

 

 

これだけでも個性バラバラなのに

 

 

 

・TAKSEEMAさん

・Hacinさん

・閔さん という贅沢なイベント。

 

 

 

 

 

8月19日だったから、全員が俳句を詠んでいました。

 

 

 

 

思いつくままに感想を書くと

 

 

 

・Runaちゃんの1曲目が、12月の発表会で

自分が選んだ曲と同じでひっくり返りそうになったり

 

 

・このミュージシャン3名の音がとっっっても

良い!!!!!また聴きたい!!!て思えたことや

 

 

・Gamilaさんが目を合わせてくれるとドキッ!!!!!としてしまう自分を発見したり

 

 

 

・マコさんの2曲目が、今回総じて最も心に響きまして

(音源DLしました)

 

 

 

・私が勝手に思うSali先生は

やはり生演奏+ベールで活きるなと。

 

 

 

 

f:id:ekubonbon:20170822004058j:image

 

 

 

今はなぜだか

踊るよりも観る方が好きになりつつあります。

今年はエンジン全開の先生。

来月もまた違った趣で観せてくれるに違いない♡

その前に、ハフラだ………。